So-net無料ブログ作成

「宅間孝行」って素晴らしい…!映画「くちづけ」を観て、泣きすぎです。 [映画館へ行こう!]

昨日、2013年6/12(水)は「リビング静岡」が印刷されてくる日。
6/15号は、担当した記事が掲載されるので、
編集部に掲載紙の配送手配に出かけました。

この日は水曜日なので、「シネ・シティザート」はルルカパレットカードのサービスディ。
カード提示で、1000円で鑑賞することができます。
このところ、観たいなあと思っていた映画「くちづけ」を観ました。

0613_8.jpg

人気漫画家だった「愛情いっぽん」の最愛の娘、マコ。
7歳のまま、大人になった。

「マコ、覚えてる?小さいときの事?」

「小さいとき?いっぽんと一緒だった」
「それからね、いっぽんと一緒だった」
「…それからずっと、

父「いっぽん」といつも、いつまでも一緒にいるはずだった…。
なのに…、

この作品は、劇団「東京セレソンデラックス」を主宰する「宅間孝行」が、
小さな新聞記事から、作り上げた作品。
泣ける、演劇集団「東京セレソンデラックス」
伝説の舞台、待望の映画化。
なのだそう。

マコちゃんの「貫地谷しほり」、いっぽんの「竹中直人」の演技は
言うまでもないのだが、この映画を観て、ほんとうに、
「宅間孝行」の才能にホレボレした。
そして、堤幸彦監督。
「社会的なメッセージを持った作品は、映画あるいはテレビドラマにした方がいい」
持論の通り、素晴らしい作品にしてくれました。

アンルイスの往年の名曲「グッド・バイ・マイ・ラブ」。
気仙沼在住のシンガソングライター「熊谷育美」の
ひと声を聴いただけで、泣けます。
昨日から、ヘビィローテーションです。やばいです。

公式ホームページは、こちら



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。